IoT(非接触型見守りシステム)

非接触バイタルセンサーの原理と応用

ドップラー効果を応用したバイタルセンサーがバイタルデータを常時取得している為、寝たきりの利用者様の健康状態を知る事が出来ます。
脈、呼吸が止まるとアラートを出し、すぐにかけつけ対応する事が出来ます。
脈あり・呼吸あり、体動無しでアラートが出せます。

非接触バイタルセンサー(IoT)による見守りシステムの利用先 

1、個人向け
2、企業向け
バイタルデータを常時取得している為、寝たきりの利用者様の健康状態を知る事が出来ます。
脈、呼吸が止まるとアラートを出し、すぐにかけつけ対応する事が出来ます。
脈あり・呼吸あり、体動無しでアラートが出せます。

非接触バイタルセンサーによる見守りシステムの説明 

非接触バイタルセンサーより常時送られてくるデータ(脈拍数・呼吸数を上下限設定と比較して、離着床・ステータスの判定・記録をしています

クラウド上に見守りセンターを作り低コストでサービス提供

見守りセンターをクラウド化することでクライアント様に低コストでサービスの提供を行うことが可能になります。

非接触バイタルセンサーによる見守りセンターシステムの説明  

センサーで取得したバイタルデータをクラウド上の見守りセンターに収集し、クライアント様に提供するサービスとシステム販売の両方を行います。

クライアント様ごとに異なる画面のレイアウトを自由に行えるように設計されています。